杉並・中野で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!

杉並・中野相続サポートセンター│運営:廣瀬総合経営会計事務所 JR中央線 西荻窪すぐ!駅徒歩1分!

  • ホーム
  • 事務所概要
  • アクセス
  • サイトマップ
0120-317-080電話受付時間 平日9:00~19:00
  • ホーム
  • 中野にある不動産の相続で小規模宅地の特例が適用となるケース
snezienky-5107456_640-min.jpg
不動産の相続が発生した際に「小規模宅地の特例」という制度を耳にすることがあります。相続で中野周辺にある不動産を相続することになった場合、どのようなケースが小規模宅地の特例にあてはまるのでしょうか。
ここでは、小規模宅地の特例とは何か、あてはまるケースや相続税を申告する際のポイントなどについてわかりやすく解説します。
 

小規模宅地の特例ってどんな制度?

はじめに、そもそも「小規模宅地の特例」とはどのような制度なのか、その概要について見ていきましょう。
 

小規模宅地の特例の定義について

小規模宅地の特例とは、被相続人(故人)が自宅や店舗として使用していた不動産について、特定の条件にあてはまる相続人が相続する場合には、法律でさだめられた面積分の価格を80%減額できる制度です。
相続予定の不動産が相続人の生活において相続前も後も重要な基盤となるものであり、親族が亡くなったために相続が必要となったにもかかわらず、多額の相続税のために居住したり働いていたりした宅地を手放さなければならないリスクを緩和する意味合いがあるといえます。
 

小規模宅地の特例が適用となる相続人の条件

小規模宅地の特例は誰でも利用できるわけではなく、相続人のうち以下のような要件に該当する人に適用されます。
・故人の配偶者
・故人と一緒に相続する不動産へ居住しており、引き続き居住する予定の親族
・故人と生計を同じにしていて、相続後も引き続き所有する予定の親族
・故人と同居はしていないが、自己所有の不動産を持っていない親族
 

小規模宅地の特例が適用となる面積

小規模宅地の特例が適用される宅地面積には制限があり、それぞれ以下のようになります。
・居住用の小規模宅地:330㎡まで8割減額
・事業用の小規模宅地(店舗・事務所):400㎡まで8割減額
・賃貸にしている小規模宅地:200㎡まで5割減額
 
上記の要件を満たしている場合、さだめられた額の相続税減額を受けることができますが、ただ該当しているだけでは特例適用とはならず、小規模宅地の特例に該当していることを証明する書類の準備や提出が必要となります。
 
また、上記の面積を超える自宅や店舗であっても、小規模宅地の特例の適用を受けることは可能です。たとえば、400㎡の自宅を相続して小規模宅地の特例を受ける場合、330㎡まで8割減額対象となり、残りの70㎡は通常の計算で課税されることとなります。
 

小規模宅地の特例の適用を受ける際に必要な書類

小規模宅地の特例の適用を受ける際には、特例に該当していることを証明するため、以下のような書類が必要となります。
 

相続税申告の際に準備する書類

相続税の申告では、小規模宅地の特例適用の有無にかかわらず提出が必要な書類があります。
本人確認用の書類:マイナンバーカード(または通知カード)の写しや住民票(マイナンバー記載のあるもの)、本人確認書類(運転免許証・パスポートなどの写し)、
 
相続税申告用の書類:被相続人と相続人全員の関係を証明する戸籍謄本または法定相続の情報がわかる一覧図の原本(または写し)、相続人全員の印鑑証明
 
このほか、遺言書や遺言分割協議書がある場合には写しの提出が求められ、その他「相続時精算課税」や「配偶者特別控除」などの適用を受ける場合には、申請内容に応じた書類の用意が必要となります。
 

小規模宅地の特例適用に必要な書類

小規模宅地の特例適用を受けるためには、以下のような書類が必要となります。
特定居住用宅地においては、平成30年4月以降に相続が発生した場合、相続開始前3年以内の住所を証明する書類や、自分(配偶者、3親等以内の親族、一定の法人含む)名義の不動産を所有していないことを証明する書類、被相続人の戸籍附票の写しなどが必要となります。
特定事業用宅地や貸付用宅地の場合はそれらを証明するための書類が必要となり、どのような用途で使われていたかによっても、用意する書類はことなります。
 
自分がどのケースに該当し、どのような書類が必要なのかについて不安な場合は、相続税を申告する税理士などの専門家へ相談することをおすすめします。
 

中野で小規模宅地の特例を受けたいなら税理士へ相談を

家屋や店舗の相続では、小規模宅地の特例が適用されれば大幅に相続税を減額することができます。
小規模宅地の特例適用に該当するかどうか、該当する場合にどんな書類を用意する必要があるかなどは相続のケースによってさまざまです。
また、小規模宅地の特例以外にも、土地の相続で相続税が軽減できるケースも少なくありません。
中野周辺で自宅や店舗などの相続税対策にお悩みなら、杉並・中野相続サポートセンターの無料相談をご利用ください。
地域の相続事例に詳しい税理士が各種相談に対応して、アドバイスから依頼時の見積もりまで、丁寧にお話させていただきます。
フリーダイヤルのほか、メールでの相談予約も受け受けていますので、お気軽にお問合せください。

 

ImgTop22.jpg

 

お気に入りに追加

okiniiri.jpg

 

 事務所紹介
 相続サポート料金
スタッフ紹介
アクセスマップ


まずはお気軽に無料相談ご予約0120-317-080
対応エリア事務所概要事務所所在地
クリックすると地図が拡大されます
Copyright (C) 2012 廣瀬総合経営会計事務所 All Rights Reserved.