杉並・中野で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!

杉並・中野相続サポートセンター│運営:廣瀬総合経営会計事務所 JR中央線 西荻窪すぐ!駅徒歩1分!

  • ホーム
  • 事務所概要
  • アクセス
  • サイトマップ
0120-317-080電話受付時間 平日9:00~19:00
  • ホーム
  • 杉並で自宅を相続!小規模宅地の特例や要件とは?
alp-4347362_640.jpg
自宅などを相続する際に、小規模宅地の要件を満たしているかどうかが、節税の重要なポイントとなります。杉並区内など時価の高い地域では、小規模宅地の特例について知っておきたいところです。
ここでは、小規模宅地の特例や要件についてわかりやすく解説しています。
 

小規模宅地とは

はじめに、小規模宅地とはどのようなものかについて解説します。
 

一定の要件を満たす小規模宅地のこと

小規模宅地とは、不動産のうち一定要件を満たす宅地のことをさします。相続税の計算をする際に「小規模宅地の特例」に該当する不動産かどうかが焦点となります。
 

小規模宅地の特例に該当する要件とは

自宅などの不動産を相続する場合、小規模宅地の特例が適用されるには、以下のような要件を満たしている必要があります。
・故人の配偶者が相続する場合
・故人と同居していた親族が相続し、相続期限まで引き続き所有または居住する場合
・生計が同一の親族が相続し、相続期限まで引き続き所有または居住する場合
・同居親族がいない場合に、不動産を所有していない親族が相続する場合
 

小規模宅地の特例に該当すると8割の節税に

上記のような要件を満たしている場合には、相続する自宅が330平方メートルまでであれば、8割減額して相続税を計算することができます。
300平方メートルで5,000万円の自宅であれば、小規模宅地の特例を受けることにより、1,000万円のみが相続税の課税対象となります。
 
また、330平方メートルを超える不動産であっても、小規模宅地の特例を受けることは可能です。その場合、330平方メートルを超える部分は通常の課税率となりますが、330平方メートルまでは8割減額の対象となります。
 
自分のケースが小規模宅地の特例に該当するかどうかの判定が難しい場合は、1度専門家からアドバイスを受けてみることをおすすめします。
 

小規模宅地における最近の税制改正について

小規模宅地の要件は、平成30年に税制改正がおこなわれ、以下の点が変更となっています。
 

家を所有していない親族が相続する場合の要件

前項で紹介した小規模宅地の要件のうち「相続する親族が不動産を所有していない」という要件について、平成30年度の税制改正では「3親等内の親族が所有している家に住んでいないこと」、「相続時の家を過去に所有していないこと」といった制限がもうけられています。
これは「家なき子特例」と呼ばれるもので、この特例を使った意図的な節税をおこなうケースが増えたため、特例を使える要件に制約を課した形となっています。
 

家なき子特例に見られた過去の事例

たとえば、実際には所有している家に住んでいるにも関わらず、あえて別の親族へ売却し、賃貸形式で住んでいた家を相続していたりするケースが過去にはありました。
相続については税制改正がおこなわれると、数年前のケースが該当しなくなる場合もあります。
知り合いや知人に聞いて「節税できる」と思っても、最新の税制改正後には要件が変わっていることもあるので注意が必要です。
 

杉並で相続が発生したら地元の事情に強い専門家へ相談を

相続では、上記のように知らないで相続手続きをおこなうと損をしてしまう場合や、以前の情報と新しい税制が変わってしまい、要件がことなっている場合などがあるため、専門家へサポートを依頼するのがおすすめです。
杉並周辺で相続が発生した場合、以下のような専門家へ相談してみるとよいでしょう。
 

杉並周辺の相続について多くの取り扱い実績を持つ専門家

家屋や不動産の相続には、評価額や近隣の事例など、地元の事情に強い専門家へ相談した方がスムーズに手続きが進められます。
杉並・中野相続サポートセンターでは、杉並区内で20年以上にわたり、1,500件以上の相続相談実績があります。
 

相続税を節税したいなら税理士へ相談を

相続の手続きには司法書士や弁護士など、ケースによって依頼できる専門家がことなりますが、最初に相談する専門家としては税理士を選ぶとよいでしょう。
税理士は税金に関する専門家であるため、節税対策を念頭に置いた相続手続きを進め、その中で必要となれば司法書士や弁護士と連携して進めていく方法を採ることができます。
杉並・中野相続サポートセンターは、会計事務所が運営している相続のサポートセンターです。不動産登記申請なども司法書士と連携して対応可能で、不明な点にも丁寧にお答えしています。
 
故人が住んでいた家を相続する場合、小規模宅地の特例に該当すれば8割も減額した額で相続税の計算が可能となります。小規模宅地の特例を受けるには一定の要件を満たしている必要があり、平成30年には税制改正があったため、要件を満たしているかどうかは専門家へ相談してみるのがおすすめです。
杉並・中野相続サポートセンターでは、杉並で多くの相続取り扱い実績を持ち、初回は無料にて相続のご相談に対応しています。杉並周辺で相続にお困りの方は、ぜひ1度お気軽にお問合せください。
 

 

ImgTop22.jpg

 

お気に入りに追加

okiniiri.jpg

 

 事務所紹介
 相続サポート料金
スタッフ紹介
アクセスマップ


まずはお気軽に無料相談ご予約0120-317-080
対応エリア事務所概要事務所所在地
クリックすると地図が拡大されます
Copyright (C) 2012 廣瀬総合経営会計事務所 All Rights Reserved.