杉並・中野で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!

杉並・中野相続サポートセンター│運営:廣瀬総合経営会計事務所 JR中央線 西荻窪すぐ!駅徒歩1分!

  • ホーム
  • 事務所概要
  • アクセス
  • サイトマップ
0120-317-080電話受付時間 平日9:00~19:00

相続税の節税事例

4,000万円の相続税を節税できた事例 500万円の相続税を節税できた事例
4,800万円の相続税を節税できた事例 500万円の相続税還付を受けた事例
510万円を節税できた事例  

杉並区 土地の評価額を4000万円下げられた事例

 

母屋と次男の家があり、申告期限前に対象地を分筆し、被相続人の居住用土地を限定することで、小規模宅地の特例をより多く受けることに成功いたしました。


申告期限前までにまとめることができたのがポイントです。

 

土地の分筆までアドバイス税理士はなかなかできません。


相続税申告が発生した後でも、相続税を減額できる手法はございます。


まずは専門の税理士にご相談ください。

 

 

500万円の相続税を節税できた事例 (中野区)

 

他の税理士事務所で行った相続税申告について、セカンドオピニオン(他の税理士に意見を求める)で依頼をうけました。


当事務所で申告書の一部をチェックさせていただいたところ、土地の一部に都市計画道路予定地及び、セットバックがあることが判明しました。

 

その結果、申告期限前に土地の評価額を10%減額できたため、納める相続税が500万円減額になりました。


土地の評価は特に、税理士の経験によって、導き出す結論が変わってきます。


納める税金が数百万円~数千万円にまで変わることもありますので、相続税申告を依頼する専門家は慎重に選ぶことをおすすめいたします。

 

2次相続1次相続の分割を決めて 4800万の相続税減額


生前にした対策

1.生命保険に加入

2.小規模企業共催に加入

3.遺言書の作成 

4.養子縁組

5.貸地の整理



相続後の対応

1.二世帯住宅のアドバイス

2.2次相続を踏まえた分割案の提示

 

世田谷区 ご自身で相続税申告したために、400万円損しそうだった事例

不動産屋さんから、不動産売却時に譲渡所得税の申告が必要ということで、ご紹介いただいた案件でした。


ご相談の際、以前、申告した内容について、土地の評価を路線価のみで行っているという状況を聞き、図面を拝見させていただきました。


土地の一部に私道があることが判明したので、税務署と協議をした結果、私道部分を0円評価することに成功しましたので、400万円の相続税額還付を受けることができました。


相続税還付期限まで、あと数ヶ月というところご相談いただいたため、なんとか期限に間に合い、還付することができました。


ご自身で相続税申告をやられた場合、余計に財産額を加算し、申告してしまうケースが多くありますのでご注意ください。


また、間違って相続税申告してしまった場合に、余計に納めた税金を取り戻せる期間は、申告後5年以内です。

 

※2011年12月以前に申告したものは、申告後3年以内に手続きを行わなければいけません。ご注意ください。

 

杉並区 相続税0円 譲渡所得税0円にできた事例


土地建物で6000万円、預金で1000万円、合計7000万円ありました。


父がなくなり、子供3人。 父と子供のうちの1人が同居していました。


3人が土地建物を売却することに合意し、売却で得たお金を3人が法定相続分どおりに相続することに合意していました。

譲渡所得税450万円、相続税60万円。 計510万円かかるところでした。


そこで、当事務所のアドバイスにより、居住している方が土地建物を相続し、代償分割することで、納める税金を相続税0円、譲渡所得税0円にすることができました。


分割のやり方によって、税金の額が変わりますと。まずは、詳しい専門家にご相談ください。


その結果、相続税及び、譲渡所得税を0円にすることができました。


Copyright (C) 2012 廣瀬総合経営会計事務所 All Rights Reserved.